三才観とは

この世は天・地・人の三つの関係で成り立っています。

天の刻(とき)、地の利、そして人の和の三つが揃った時に良い運気がめぐってきます。

この考えをもとに占います。

古代中国に生まれた考え方で、易の占いにあらわれた象徴を観察すると言う学問です。

この世は、天・地・人の三つの関係で成り立っており、天の刻(とき)、地の利、そして人の和の三つが揃うことによって良い働きがあると考えられています。

 

『 天時不如地利 地利不如人和 (孟子) 』
天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず

 

意味:天の与える好機も土地の有利な条件には及ばず、土地の有利な条件も民心の和合には及ばない。「孟子」公孫丑から翔氣塾では、この考えをもとに宿命・運命・知命・立命を観象しております。

 
生年は本命星で処世の運氣を象(あらわ)し、 生月は月命星で本命星の将来運氣にかかわる影響力を示し 、生日の日命星によって本命と月命の環境の適応を推定して生時に授けられた使命を完遂する為の手段を推断します。

運営会社


翔氣塾

東京都世田谷区太子堂2-1-1 ヴァンヴェール世田谷204

電話:03-5430-7476

 

*関連施設

翔氣塾(九星気学教室・筆耕術教室)